りんごの栄養価

りんごの豆知識

リンゴの優れた栄養価について

リンゴは非常に栄養価の高い果物です。
消化に良いので、風邪で食欲がないときにも、すりおろして蜂蜜と混ぜて食べれば、喉越しも良く胃腸にも優しいでしょう。
またビタミンやカリウムなどの栄養成分も摂ることができるので、風邪の時に食べるのに適した食材といえるでしょう。
またできれば皮は向かずに、皮ごと食べる方が良いでしょう。
皮にはペクチンやポリフェノールが多く含まれています。
ペクチンには整腸作用があり、ポリフェノールは抗酸化作用があるので、免疫を向上させたり老化防止にも良いのです。
ポリフェノールはメラニン色素の発生も抑え、美白効果もあります。
皮が苦手な人も、焼きリンゴにしたりレモンと砂糖を加えて煮ることで皮も柔らかくなりそのまま食べることができるかもしれません。
また果実に含まれているカリウムも、体内の塩分を排出して血圧を下げる作用があります。
高血圧の人にもおすすめの果物です。
カリウムはそのほかにも筋肉の動きをスムーズにしたりエネルギーを作る役割もします。
スポーツをしている人はこの果物を食べることで、筋肉の機能も良くなり疲れにくくなるでしょう。
アップルパイやゼリー、ドリンクなど、さまざまな調理法もあるので、美味しく食べて健康になりましょう。

明日からリンゴを食べよう!
リンゴはこんなに体に良い

一年中スーパーで見かける「リンゴ」には、体に良い栄養が沢山含まれています。
例えば、ペクチン。
水溶性の食物繊維で、便秘の解消や、大腸がんの予防に効果があります。
あるいは、クエン酸などの有機酸。
消炎作用や胃腸の働きを良くする効果があります。
また、ミネラルも豊富で、特に多く含まれるのがカリウム。
体内の塩分を排出する働きがあり、血圧を下げる効果があります。
そして、皮にはポリフェノールがたくさん含まれており、生活習慣病の予防、アレルギー症状の緩和作用など様々な効果があります。
そのため、生のまま、皮ごと食べた方が栄養素をたくさん摂取することができます。
1個54キロカロリー程なので、食事の前に食べれば食べすぎを防止することができます。
リンゴダイエットが流行ったこともありましたが、リンゴだけを食べるのではなく、普段の食事の中に上手く取り入れるのが効果的です。
また、生産が盛んな長野県の一部の地域では、1日1個以上食べる習慣があり、長寿の秘訣の一つとなっているようです。
私たちも見習って、1日1個を目標に食べるようにしてみましょう。
朝に半分、夜に半分など何回かに分けて食べれば、1日1個も続けられるでしょう。

注目サイト

ルアー 製作
http://n-buhinya.sugihara-s.co.jp/
伊豆で楽しむダイビング
http://www5e.biglobe.ne.jp/~Bbear/
宝石 買取 心斎橋
http://www.cocoage.jp/
コルナゴ 中古
http://www.cypara.com/archives/tag/colnago/
食品サンプル
http://www.nagao-sample.co.jp/
看板 製作
http://www.h-ara.jp/

Last update:2015/6/26